bE HAPPY IDIOT


by taistep

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

links

Links

このブログをグーグルで
Mixi
twitter

手ブロ

gmail
hotmail

ニュース年表
URL短縮

動画検索
wat

教えて〇〇先生
激ハヤwiki
スカラーペディア
英語の辞書
オープンコースウェア


通信簿

著作権
このサイト内の著作権は登録ユーザーである管理者に属します。許可無い商用利用の可能性ある行為や不当な報道のための引用、サイト紹介を禁じます。

フォロー中のブログ

machal-juice
★pop life★
Dear My Mind.
lager's house
そのぬくもりに用がある
chihi rodriguez
up in the air

ブログパーツ

検索

以前の記事

2016年 11月
2014年 12月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
more...

ライフログ




















その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

切りふ

切りふ(キリフ)ってトランプゲーム。
知ってる?

ネットによると熊本周辺ローカルなゲームなんだって!!笑。


中学生になると
大富豪のほうが上等なゲームみたいな空気になったので
あまりしなくなったけど。
ババ抜き(子供向け)→切りふ(ちょっとトランプがわかってきた子)→大富豪(時代の流行り)
という格付けだった。


ゲームは計算しすぎると楽しくなくなると思ってたけど、
最近仲間内でやってて
子供のゲームとおもってたこれ、計算すると
実は相当奥が深そうなゲームなのでちょっと考察。
ちなみに歯切れの問題でキリフダと教えてたけど「切りふ」が本当。


〜〜いちおルール説明〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1、プレイヤー(2〜7人)にカードを5枚配る。
2、最初に切り札のマーク(スート)を決める。
「切る」「出す」「引く」を繰り返しカードが最初に無くなった者が勝つゲーム。
*切り札は山を半分あたりでめくるなどで決める。

「切る」
出されたカードと同じマークの大きい数字か、切り札のマークのカードで切る。
一枚につき一枚で切る。
♠2を♠6で切る等。

「出す」
次の相手に、カードを場に出す。次の相手はこのカードを「切り」捨て
その次の相手に対してカードを出す。

※ペアルール/おまけルール
このとき数字が同じだとペアとして出せる。♣8と♢8といった具合。
さらにそれに「おまけ」として別のカードを付加できる
♠8♢8+♡2など。
またペアが二組あった場合、ペアペアとして出せる。
♠J♡J+♠8♢8+♡2の5枚等。
*0枚になっても山から5枚引く。
*トリプルは無く、やるならペアにおまけと考える。♣4♢4+♡4(おまけ)

「引く」
「切り」捨て、相手に「出す」とカードが減る。
カードが減ったら山札から引く。
山札がある限り常に5枚にそろえる。
※必ず、「出し」てから「引く」

進行(ABCの3人の時)
A→Bにカードを出す
Bは切って捨てCにカードを出して山から引く。
Cは切って捨てAにカードを出して山から引く。
この勝負を繰り返す。

ケース:おもらい
切れなかった場合/切りたくない場合。
出されたカードを
切れない/切りたくない時はそのカードを「おもらい」と宣言してそのカードをもらわなければならず、
「おもらい」をすると次の相手にカードを「出す」ことはできない。
※ペアのカードを一枚だけ切って一枚だけおもらいも可。

♣K♠K+♡4(おまけ)のとき
を♣K←♣A,♡4←♡8で切って、♠Kおもらい。
*ふつうおもらいをすると6枚以上になる。
*このときは4枚なので1枚山から引くが、出すことはできない。


切って、出して、5枚に揃える。
or
おもらいされたら、出して引く。
の繰り返しで山札が減っていくのが序盤。

終盤
山札が無くなってから(終盤)
相手が5枚以下になり始める。
その時に相手の枚数以上のカードを出してはいけない。
例えば残りが3枚の相手に
♠9♡9+♠Q♣Qの4枚は出せない。


カードの強さ
ジョーカー>
スペードのエース(世界とかone world、オールマイティと呼ぶ)>
1>13>12・・・・>2
・同じマーク(スート)のカードでしか切れない。
・切り札だけは全てのマークのカードを切れる。
切り札vs他のマークの時、数字に関わらず切り札が強い。
(切り札同士は数字が大きいほうが強い)
※ジョーカは変幻自在でペアを組める。
絵があるページ

表記
マーク=スートの意味で使った(♠/♡/♣/♢)
※印はルール
*は備考を記した。
〜〜以上〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ローカルって聞いて、創造者のことを考えた。
ルールから見るに
きっとブリッジとかに通じてて
トランプゲームに詳しい人(たち?)だったんじゃないかなーて思う。


山札が無くなるまでも
案外サクサク進む。

初歩戦略として
いらないカードを出す、
強いカードを最終戦にとっておく。
といったところ。

とりあえずジョーカがうれしいのが当然。
なるべく山札をめくるのは自分でありたいので、
回転率を高めていくべきと考えるあたりまでが
一般戦法。

ただこのゲームのキモは最終戦。
そこで最終戦の「兵器」としてペアペアおまけの5枚出しを考える。
切りふの面白い点の一つは♠のAの特別扱い。
そこで強いペアと言えば、切り札のAと♠のAのペア
これを最終戦でもっていきたい。なんてことを考える。
ここらへんからルール上の強さと、戦略的な組み合わせでの必要性で逆転がおこり始める。
ようやく幼稚園レベルを超え始める。

確かにキモは最終戦だけど、大事なのはその最終戦に突入するタイミング。要は山札が無くなるタイミング。
山札が無くなってから勝負ではなくて、山札が無くなるまでの勝負が熾烈で本番。最も戦略的な場面。
そこからの戦略イメージでは「攻め」と「守り」に分かれるけど、ここらへんで問題になるのがプレイヤーの人数。

4人と3人じゃ戦略も意味も全く変わってくる。
そんなことまで考えてる者同士だと二人でもおもしい・・・
考えたら相当深いことが判明したばばちゃんちでした。



いつ頃からあるんだろ?
伯母が子供のの頃やってたと言うので1960年代の熊本市にはあったようだ。
ただトランプの歴史は古いようだからなんとも。
それより古いと知ってる方いれば報告くださいな。
[PR]
by taistep | 2008-09-26 19:47